東洋医学的な診察法

こんにちは!

すいか堂です

一般的に西洋医学的な診察法は

問診、触診がメインで、あとは

X線、MRIなどの画像診断や血液、尿などの検査などになってきますよね。

 

東洋医学では機械も何もない時代に生まれた医学ですから、

人間の五感だけを頼りに診察していきます。

望・聞・問・切、合わせて四診という診断法を用います。

 

  • 望診

視覚を使った診断法です。

相手の姿勢、仕草、顔色、全ての行動や色が診断に関係します。

濃いメイクだと正確な判断がし兼ねます。

舌診といって、舌の大きさ、色、水分等を診て身体の状態を

判断する方法もあります。

 

  • 聞診

聞くという漢字なので、聴覚を使った診断法なのですが、

昔の人は香りも聞くと言っていたみたいで嗅覚を使った診断方法です。

相手の話し方、声のトーン、強弱、呼吸音はもちろん、

相手の体臭も身体の不調の指針になります。

 

  • 問診

これは、西洋医学の診断法と共通します。

ただ東洋医学では、西洋医学では聞かないような質問も

問診票に記載されていたりします。

例えば、生年月日と生まれた時間(東洋思想の四柱推命に使いやすく、

身体の本質を知れたりします。)だったり、

好きな食べ物、嫌いな食べ物(味覚も身体の体質を判断するのに

とても重要です。)や、映画、音楽。

怒りっぽいか?鼻唄をよく歌う?高いところが好き?

など日頃の性格や行動まで心理テストのように聞かれます。

これも身体の状態がわかる立派な診断法なのです。

 

  • 切診

西洋医学的な触診に近い診断法です。

五感の触覚をメインに読み取ります。

・脈診-脈(大概手首の橈骨動脈)の状態を診て身体の状態を知ることが

できます。

・腹診-お腹の硬さや温度、色等を診て身体の状態を診ます。

・背候診-背中にある内臓に直接関係するツボを触り、硬さや感じ方、毛並み

などを診て身体の状態を知ります。

 

以上が四診です。

すいか堂でもあちこちで使っていたりしますよ♪

この四診で得た情報を元にお客様の体質、バランスを

陰陽論や、五行思想にはめ込み、判断し、

実際に鍼灸を行うツボを探していき施術に入るのです^^

面白かったですか??

 

 

すいか堂では地球に優しく、身体に良いものをコンセプトに日々精進していきますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

読んでいただきありがとうございました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はり・きゅう・アロマ、雑貨のすいか堂

店主 宮武志波

〒559-0011 大阪府大阪市住之江区北加賀屋5-2-29千鳥文化2F5号
tel.                 07040094000
mail.           hq.suika.do@gmail.com
HP.        http://suikado.com
LINE@           @hux5681g
instagram.     @suikado
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

当ブログの記事、写真、イラスト等、

すべてのコンテンツはすべてオリジナルです。

当ブログの記事、写真、イラスト等、

すべてのコンテンツの無断転写、転載、公衆送信等を禁じます。

コンテンツの無断転写、転載、公衆送信等を発見した場合は

予告無く通報致します。

カテゴリーBASE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です